読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 川崎ルフロン店 シマブロ

島村楽器 川崎ルフロン店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【防音室】防音室ってどうやって組立てるの?

防音担当 児島のブログスタート!

皆さまこんにちは!島村楽器川崎ルフロン店の児島です。
さて、皆さま。突然ですが、音楽・楽器を楽しんでいる方誰しもがいつかは欲しい!と思うのが防音室。
家で思いっきり練習したい!レコーディング!歌いたい!叫びたい!?なんて方も多いのではないでしょうか。
こちらの記事ではユニットタイプ(組立式)防音室、ヤマハセフィーネNSの組立の様子をご紹介していきます♪

防音室ってどう組立てるの?

川崎ルフロン店にはユニットと呼ばれる防音室が3台展示されております。
このユニットタイプ、組立式で出来ており、お引越し(移設)も可能なんです!
まず記念すべき1つめの記事ではこのユニットタイプの組立作業をタイムラプスでご紹介します。

タイムラプスって、、、?

タイムラプスとは動画の1種です。しかし動きを映像として撮影するのではなく、写真を1秒間に何枚も撮影し、それをコマ送りしたものがタイムラプスです!
最近ではスマートフォンでも撮影が可能になってきましたよね♪

2時間半の作業を15秒でどうぞ!



さぁ!いかがでしたでしょうか!
15秒ですと本当にあっという間ですよね。
組立している防音室はヤマハ アビテックス セフィーネNSのAMDB30Cという機種です。
大きさは3.0畳、遮音性はDr35、一番大きい楽器だとC3サイズ(奥行き186cm)のグランドピアノを設置することができます。
完成するまで実に2時間半の時間がかかっておりますが、店舗での搬入・組立作業のためこれでも通常の御納品より1~2時間ほど早いペースです。

すこーしずつ区切ってみていきましょう!

1.床フレームを設置

f:id:shima_c_kawasaki:20160628222437j:plain
まずは床フレームの設置。このフレームを設置する際にお部屋に置く位置の最終確認をします。
ヤマハの防音室は2.0畳より大きいサイズだとこの木製フレームが一番下の部材となります。
フレームの間が空気層になることで、階下への遮音もできるわけですね!

2.側面の壁パネルを設置

f:id:shima_c_kawasaki:20160628222618j:plain
さぁなにやら大きな白いパネルが運ばれてきました。
これが防音室の壁となるパネルですね。組立式なので、化粧板まで出来上がった状態でお届けしています。
f:id:shima_c_kawasaki:20160628222716j:plain
運ばれてきたパネルは床フレームに乗せ、壁パネル同士をつなげていきます。
f:id:shima_c_kawasaki:20160628222803j:plain
もうほとんどの壁パネルが設置されましたね!
ちなみに3.0畳タイプだと壁パネルは次に紹介するドアフレームと合わせて全部で10枚あります。

3.ドアフレームを設置

f:id:shima_c_kawasaki:20160628222849j:plain
壁パネルと同じくらいの大きさのフレームが登場!
これが防音室のドアフレームです。

4.天井パネルの設置

次が大仕事!壁が出来上がったら今度は天井です。
天井はどうやって設置されるのか、、、?

f:id:shima_c_kawasaki:20160628223008j:plain
そう、2、3人がかりで持ち上げます!
持ち上げて壁パネルを飛び越え壁パネルのふちに乗せて設置しています。
私も何十台と御納品の立会いをさせていただいておりますが、
初めてこの天井パネルの設置を見たときはひやひやしました、、が!
組立は皆さんプロの方が担当しておりますのでご安心ください♪

5.防音室内での組み上げ

さて、タイムラプスはカメラを固定した状態でこそきれいに仕上がるため、この撮影をした時も固定しておりました。
そのため、防音室内の仕上げを行う際にどんな作業が行われているのか記録に残っておりません、、(泣)
また映像等は別の機会ということでここは言葉のみでご了承くださいませ、、

防音室内ではパネル同士を繋ぎあわせている金具を隠す化粧マグネットを貼り付けたり、
換気扇・照明器具・音響を調整する音場パネル・カーペットなどの設置まで行っています。

少しだけ写真を、、
f:id:shima_c_kawasaki:20160628225845j:plain
この写真の左下に移っている白い部材は吸音材です。
1番始めの床フレームの間に敷き詰めます。
吸音材の横の縦長のパネルは防音室内の壁に設置する音場パネル。
この音場パネルがヤマハセフィーネNS最大の特徴です!
f:id:shima_c_kawasaki:20160628230030j:plain
左側で脚立に乗って作業していますね、これは換気扇の室外機を取り付けています。
防音室内は機密性が高いため、酸欠にならないよう換気扇が付属されています。



もう次で最終段階ですね♪

6.ドアの設置

f:id:shima_c_kawasaki:20160628223655j:plain
いよいよドアの設置です!
ドアは部材の中でも一番重く、防音する上でも最も重要な部材です!
ドアフレームの蝶番にはめ込んだら、、

7.完成!

f:id:shima_c_kawasaki:20160628225520j:plain
完成ー!
約2時間半での作業を担当していただいたのは、共立ラインサービスの横浜営業所の皆様♪
いつも大変お世話になっております。
ヤマハの防音室の組立はピアノ配送専門業者様でもありますので、アップライトピアノやグランドピアノの設置もお任せあれ!


いかがでしたでしょうか♪
どんな姿形をしているのかおわかりいただけたと思います(^^)
川崎ルフロン店ではいつでも防音室のご体感ができます、是非一度ご来店ください!

お問合せ

店舗 島村楽器川崎ルフロン
電話番号 044-221-5262
営業時間 10:30~21:00
担当 児島 亜弓

防音室の記事はこちら
www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.